小1の壁はこう乗り切った!経験者のワーママ&鍵っ子が実際にやってよかったこと5選!

さとさん

こんにちは、さとさんです。
もうすぐ4月、小学校の入学にワクワク・ドキドキですよね。

楽しいワクワクもあるけど、いざ入学となると不安な気持ちがいっぱいですよ~

さとさん

わかります!
働く母にとって、朝からお迎えまでしっかり見てもらっていた保育園とは違い、放課後になったら勝手に帰らせられる小学校って、ものすご~くハードル高いですよね~。

世に言う「小1の壁」、高すぎます~

さとさん

私も「小1の壁」に押しつぶされそうになり、仕事を辞めようか来る日も来る日も悩みました。
でも、辞めるのはいつでもできる!もうちょっと待ってください!
工夫次第で安心に繋がったり、思っていたより案外大丈夫だったりするので、この記事を参考に準備してみませんか?

目次

小1の壁はこう乗り切った!経験者がやってよかった対策5選!

現在中1、小4の女の子の娘がいるワーママの私が、
娘たちが小学校入学時に対策・準備したあれこれをご紹介します。

時代の変化と共に変わっている内容があるかもしれません。ご容赦願います。

その1.玄関の鍵をスマートキーに替える

鍵はお子さんにどうやって持たせますか?

など、色々なパターンがありますね。

うちの長女は移動ポケットに付けて、びよーんと伸びるキーホルダーにして持たせていました。

(首掛けタイプだと、鍵っ子がバレバレ。
ランドセルに付けると、玄関についてカギを取り出す手間がかかる為)

でもやっぱり鍵を持たせるのは抵抗があり、次女が入学のタイミングで、
スマートキーに変更しました!

Amazonでの購入ページはこちら。↓

ICカードが家の鍵になるので、万が一落としたとしても「家の鍵」と思われることもなく、
移動ポケットに入れておけば取り出しも簡単。
何より家についてすぐにカギをあけて中に入れます。

我が家は夫が取り付けてくれました。

キャー!ホコリだらけじゃないの!

WAONカードなどICチップが入ってるカードなら鍵として使えるので、
子供だけじゃなく私も持ち物が減って快適!(私は定期券を鍵にしてます)

さとさん

学童保育に入れる場合でも、急な学級閉鎖などでは預かってもらえないパターンがあり、1人で帰ってくる可能性はゼロでは無いので、鍵問題は大事ですよね。

その2.スマホを持たせる

え?小学校1年生にスマホって持たせるの早くないですか?

さとさん

確かにちょっと早いかもしれません。周りでも誰も持たせてなかったし・・・。
でも私は安心を取りました!


※スマホは基本学校に持っていったらダメなので、学校に許可を取りました。

我が家は校区の端っこで、子供の足で徒歩30分。
同じ方向のお友達がいたとしても、最後には必ず一人になります。
女の子なので、家に帰るまで心配でたまりません。

なので、スマホに位置情報を把握できるアプリをいれ、
学校を出たとき・家についた時に通知が来るようにしました。
そして帰宅したら、LINEで帰宅の連絡。
これだけで安心感が全然違います。

移動している様子もアプリで位置を確認できますよ。

さとさん

もちろん学校では袋に入れてからランドセルに入れ、
音が鳴らないようにミュートに(緊急地震速報もならないように)して、
子供とは「学校では出さない・人に言わない」ことを約束してもらいました!

その3.リビングモニター

もし帰宅後連絡がなかったとしても、カメラで確認できるので安心です。
もしも何かあった場合も、大きなアラーム音を出すことができますよ。

我が家が買ったリビングモニターはこちら

さとさん

設備面はこれだけあれば安心ですね。
次は子供との準備編です。

その4.通学路の確認

お子さん、一人で学校に行って、一人で帰ってこれますか?
我が家は校区の端っこということがあり、学校までの通学路を全く知りませんでした。
春休みに何度か一緒に歩いてみて、道の確認をしましたよ。

朝はうちの小学校は集団登校なのでなんとかなるんですが、
帰り道となるといろんな方向に帰る子がいるので、迷わない為にもぜひお散歩がてら練習を!

その5.(入学後)学童に入れる場合でも、学童に行かずに帰ってくる日を作ってみる

学童に入れると、親が迎えに行くパターン、決まった時間に帰らせるパターンなど
それぞれのご家庭によって違うと思います。

ずっとお迎えに行けるのなら良いのですが、上記にも書きましたが、
学級閉鎖の時など、急にら帰宅させられたりすることも可能性としてあります。

学童組以外、帰り道が同じお友達を見つける意味でも、何回か学童に寄らずに帰るパターンの日を
作ると、後々の為にも良かったですよ。

まとめ

入学後は両親・義両親やご近所さんなど、周りに支えられてなんとかやってこれました。

子供もどんどん成長してくるので、あの時仕事辞めなくてよかったと今は思っています。

今不安で押しつぶされそうな同じようなワーキングママさんの助けになりますように。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる