子どもの誕生日をめいっぱいお祝いして自己肯定感を育てよう!簡単に出来るお祝い方法を3つご紹介!

さとさん

子どもの誕生日って、感慨深いものがありますよね。
みなさんは、どのようにお祝いしていますか?

目次

お誕生日を祝うことが子どもの自己肯定感UPにつながる?!

教育評論家の親野智可等さんは、こう言っています。

子どもは誕生日が大好きです。
なぜかというと、自分の存在そのものを無条件に肯定してもらえる日だからです。

ほとんどの子どもは、日頃、ほめられることより叱られることが多いです。
たまにほめられるにしても、勉強をがんばったとき、時間通りに着替えができたとき、お手伝いをしたとき、妹に優しくしたときなど、いろいろな条件つきです。

もちろん、このようなときほめることは大事ですが、それだけでは不十分です。
実は、子どもが一番うれしいのは、無条件に、自分の存在そのものを肯定的にほめられたときです。

例えば次のような言葉が大事です。

・○○君がいてくれて、ママはとてもうれしい
・毎日○○ちゃんと一緒に居られてママはとても幸せ
・あなたが、お父さんとお母さんの子どもで本当にうれしいよ

●無条件の肯定によって基本的信頼感が育つ

親からこのような言葉を贈られている子は、親の愛情を実感して親に対する信頼感が高まります。
同時に、自分の存在そのものも信頼して肯定できるようになります。
つまり、他者信頼感と自己肯定感の2つが同時に高まるのです。

そして、この2つは人間が長い一生を生きていく上で本当に大事な、基本的信頼感の土台です。
基本的信頼感がある人は、他者とよい関係を築きつつ、自分も満足できる人生を展開していくことができます。

親力講座より

誕生日は、何かを成し得たからお祝いされるのではなく、

ただ存在しているだけでお祝いしてもらえる無条件に認めてもらえる自己肯定感が育つ

ことになるんですね。

さとさん

言葉にプラスして、ちょっとした演出があるともっと子どもは喜びます!
簡単にできる、我が家の演出方法を3つご紹介します!

簡単にできる誕生日演出方法!

1.当日の朝にスペシャルプレートを♡

スペシャルとか書いていますが、食パンにチョコペンでおめでとうメッセージを書き、いちごとバナナを添えるだけの簡単なもの。

それでも、「自分だけの特別なもの」は、とても喜んでくれます。

毎年同じだけど、これだけで娘たちはニコニコ笑顔になってくれます♡
さとさん

いつものお皿を違うものに変えてみたり、100均で買ったお誕生日ピックなどで飾り付けてみたりもいいですね♪

2.おめでとうを言いまくろう!

我が家は姉妹のお誕生日が1週間違いで、さらにその間に夫の誕生日まであるので、「お誕生日月間」と名付けて一大イベント扱いにしています。

だいたい1週間前ごろから、おめでとうを言いまくります(笑)

  • 来週お誕生日おめでとう!
  • 2日後お誕生日おめでとう!
  • (当日ももちろん)お誕生日おめでとう!
  • 昨日お誕生日おめとでとう!
  • 先週お誕生日おめでとう!

・・・しつこいですが、家族みんなで言いあって楽しんでいます。

さとさん

わたしはみんなより2ヶ月前に誕生日が終わっているのですが、私に対しても「2ヶ月前お誕生日おめでとう」と言ってくれますw

3.リクエストのスイーツでお祝い

平日にお誕生日がある場合は手作りは無理ですが、週末に前倒ししたりして、できる限りリクエストのスイーツでお祝いします。

ハッピーバースデーの歌をうたってロウソクをふーっと消すのは、すこし恥ずかしいけど嬉しいものですよね。

おまけ:手抜きのコツ

ケーキを作るのは苦手・今のご時世買いに行くのもなぁ。という方のために!

こんなデコレーションはいかがでしょうか?

今年の夫への私からのプレゼントはこれ♡(姉妹はケーキなので夫は必然的にあっさり系になります)

「婦人画報のお取り寄せ」で取り寄せたアイスにいちごを盛りつけて、セリアで買ったロウソクを立てただけ!

一つも手は込んでいないけど、ちょっと豪華に見える♫

【婦人画報】パレアグラス6個入り

ラ・ヴィエイユ・フランスのパレアグラスとは?

フランスで11年間修業した後、東京・千歳烏山にパリの老舗「ラ・ヴィエイユ・フランス」をオープン。フランス伝統菓子の魅力を発信し続けている木村成克シェフに、アイスサブレを作っていただきました。チョコレートとプレーン2種類のサブレの間に、木苺やマンゴー、ピスタチオ、桃など色とりどりのアイスクリームやソルベを、惜しみなく挟み込んであります。見た目が美しいだけではなく、いずれも上品でさっぱりとした味わいが嬉しい。チョコレートサブレは「婦人画報のお取り寄せ」限定で購入いただけます。

木苺と桃が超絶美味しかったです!!!(母の日にまた注文予定です♫)

さとさん

自分がしてもらったことは子どもの心に刻まれ、自己肯定感・他者信頼感とともに、皆を愛せる人に育ってくれたらいいなぁと願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました☆

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる